『ダークタワー』パンフレット内容紹介【スティーヴン・キング映画】

  • IT
  • シャイニング
  • ミスト

などなど、現代ホラー作品の頂点に立つ小説家「スティーヴン・キング」。

そのキング御大が22年かけて完結させた、超長編小説が『ダークタワー』。

ダークタワー

ついに映画化されて、キングファンは大喜び。

私も、大喜び。

でも、結果は賛否両論…。

そもそも専門用語バンバンの長編ファンタジー小説をたった95分で誰にでも楽しめるように作るなんて、無茶だったんですって。

『ロード・オブ・ザ・リング』ぐらい長くていいから、もっとキング・ワールドを映画で描き尽くしてほしかった。

個人的に、映画は物足りなかった…。

ですが、パンフレットは、

  • キング作品の解説
  • 今作のトリビア・小ネタ
  • インタビューとメイキング

などなど、読みどころたっぷりの素敵な一冊でした♪

ダークタワーの魅力は、映画でなくパンフレットに詰まってます。

そんな『ダークタワー』パンフレットの内容と魅力を、ここにまとめていきます♪

『ダークタワー』パンフレット内容と魅力

ダークタワー
映画タイトル ダークタワー(The Dark Tower)
内容
  • イントロダクション
  • ストーリー(あらすじ)
  • 登場人物(キャラクター)紹介・相関図
  • キャストインタビュー
  • スタッフインタビュー
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コラム『ダークタワー』キーワード
  • 『ダークタワー』トリビア19
  • 「ダークタワー」年表
インタビュー掲載キャスト
  • イドリス・エルバ
  • マシュー・マコノヒー
インタビュー掲載スタッフ
  • スティーヴン・キング
  • ニコライ・アーセル監督
コラム
  • ダークタワー・サーガ(風間賢二)
  • 心の中の「物語」を救うために(南波克行)
  • スティーヴン・キング映像作品”黄金時代”再到来の理由を探る(キシオカタカシ)
評価・買う価値 ★★★★☆(4/5)
おすすめしたい人
  • これからキング作品を追いかけたい人
  • キング原作の好きな映画がある人
値段・詳細 [wpap service=”with” type=”detail” id=”B07ND8Z7Z4″ title=”映画パンフレット ダークタワー イドリス・エルバ マシュー・マコノヒー” search=”ダークタワー パンフレット”]

イントロダクション

映画『ダークタワー』の見どころ紹介。

内容

  • 原作者「スティーヴン・キング」について
  • 俳優紹介
  • 監督紹介

ストーリー(あらすじ)

『ダークタワー』あらすじ紹介。

物語中盤までのネタバレあり。

登場人物(キャラクター)紹介・相関図

本作に登場する、

  • キャラクター
  • 人間関係
  • キーワード

の紹介。

キャストインタビュー

イドリス・エルバ

ダークタワー

インタビュー内容

  1. 撮影時のエピソード
  2. ローランドのキャラクター
  3. 彼が旅をする動機
  4. ガンスリンガーの容姿について
  5. アクション・シーンの撮影

僕は、今までスーパーヒーローを演じたことは一度もなかったんだ。ローランドというキャラクターは、心に大きな闇を持っているけど、アクションシーンもたくさんあって、楽しかったね。(イドリス・エルバ)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

マシュー・マコノヒー

ダークタワー

インタビュー内容

  1. 『ダークタワー』製作で最も楽しかったこと
  2. ウォルター/黒衣の男について
  3. 悪役を演じる秘訣
  4. ニコライ・アーセル監督について

僕は、彼が自分を”悟りを開いた聖職者”と考えているんじゃないかと思ったんだ。あと、『時計じかけのオレンジ』の、マルコム・マクダウェル演じる主人公アレックスも参考にした。(マシュー・マコノヒー)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

スタッフインタビュー

スティーヴン・キング

スティーヴン・キング

インタビュー内容

  1. 本作は小説の続き?
  2. 本作にどれくらい関与したのか?
  3. イドリス・エルバが演じるローランドについて
  4. ウォルター役のマシュー・マコノヒーについて
  5. この作品をスクリーンで観られる気持ち
  6. 『ダークタワー』シリーズにつながる作品たち
  7. もし続編が作られたら…?

私は、監督、脚本、主要キャラクターなど、あらゆるものに対して承認する立場だ。彼らがローランドにイドリス・エルバはどうだろう、と言ってきた時も、すぐにイエスと言ったよ。小説では、ローランドが白人だとは一度も言っていない。(スティーヴン・キング)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

ニコライ・アーセル監督

ダークタワー

インタビュー内容

  1. 監督に抜擢された経緯
  2. 壮大な世界観を作り出すこと
  3. ガンアクションの参考にした作品
  4. この物語の魅力

とにかく僕は原作の大ファンで、ティーンエイジャーの時から愛読してきた作品だった。最終版の脚本は僕が書いたものだ。(ニコライ・アーセル監督)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

プロダクションノート(メイキング)

ダークタワー

メイキング内容

  • スティーヴン・キング最大長編小説を映像化する
  • 観客を『ダークタワー』の世界の中に連れて行く
  • ガンスリンガーの武器、衣装、アクション

ガンスリンガーはとんでもなく素早い動きをするんだ。目にもとまらない早さでベルトから銃を出すし、収める。子供の頃、真似事をして遊んだけれど、今も同じことをしている。想像力で遊ぶ遊び場のようだよ。(イドリス・エルバ)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

コラム

ダークタワー

ダークタワー・サーガ(風間賢二)

幻想文学研究家「風間賢二」氏による、原作小説「ダークタワー」紹介と解説。

内容

  • 原作小説のストーリー
  • ローランド・デスチェイン
  • ウォルター(黒衣の男)
  • ジェイク・チェンバーズ
  • キング・ワールドにおける「ダークタワー」シリーズの位置
  • 「ダークタワー」シリーズ主要関連作品

長編デビュー作「キャリー」や「シャイニング」とその続編「ドクター・スリープ」、あるいは「ファイアスターター」や「デッド・ゾーン」といった超能力を扱った物語。これらは、暗黒の塔を倒壊させるために拉致・監禁されることになる「破壊者(ブレイカー)」たちの物語と言ってよい。(風間賢二)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

心の中の「物語」を救うために(南波克行)

映画評論家「南波克行」氏による、映画『ダークタワー』レビューと考察。

膨大な「ダークタワー」の物語を映画化した本作では、登場人物たちが「仲間」として結束する原作のテイストを、「家族」の再生の物語として翻案している。これはおそらく、監督として『バックドラフト』や『アポロ13』など、すべての作品で家族の絆を描く、製作ロン・ハワードの判断だろう。(南波克行)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

スティーヴン・キング映像作品”黄金時代”再到来の理由を探る(キシオカタカシ)

映画ライター「キシオカタカシ」氏による、スティーヴン・キング作品の人気・流行に関する考察。

『IT』の記録的成功が示している通り、ホラーは「他者との感情の共有」を志向する若年層も「映画館で観たい!」と考えている鉄板ジャンルである。“ホラーの帝王”キングの作品は、かつてないほどに時代精神と共鳴したブランドになっている。(キシオカタカシ)

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

『ダークタワー』キーワード

原作小説「ダークタワー」シリーズに登場するキーワードの紹介。

キーワード一覧

  1. 暗黒の塔(ダークタワー)
  2. ダークタワー世界の神話・伝説
  3. 中間世界(ミッド・ワールド)
  4. 根本原理世界(キーストーン・ワールド)
  5. ビーム
  6. カ・テット
  7. ケフ
  8. 深紅の王(クリムゾン・キング)
  9. 世界の変転
  10. タヒーン
  11. ロウ・メン(下衆男たち)
  12. 吸血鬼
  13. スローミュータント
  14. 妖魔
  15. マニ教徒
  16. 破壊者(ブレイカー)
  17. ソンブラ・コーポレーション
  18. ドーガン
  19. テット・コーポレーション
  20. 水晶球
  21. 19
  22. ジェリコの丘の戦い

作者のキングがこのシリーズを思いついたのが19歳の時で、執筆開始が1970年6月19日、そしてキングが交通事故で瀕死の重傷を負い、あやうく本シリーズが未完に終わりそうになった日が1999年6月19日であり、しかもその事故が起きた時刻は16:30(つまり、16+3+0=19)だからだ。

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

『ダークタワー』トリビア19

映画『ダークタワー』で描かれた、

  • トリビア
  • 小ネタ
  • イースターエッグ

の紹介。

トリビア一覧

  1. 19…キングと縁のある数字
  2. 謎のロゴマーク…TETコーポレーション
  3. 双子の少女…『シャイニング』
  4. いじめっ子の新定番?…『IT/イット それが見えたら、終わり。』
  5. 黒衣の男…『ザ・スタンド』
  6. 精神科医の写真…『シャイニング』
  7. セントバーナード犬…『クジョー』
  8. プリムス・フューリー…『クリスティーン』
  9. 猛犬注意…『スタンド・バイ・ミー』
  10. 深紅の王…ローランドの宿敵
  11. 廃墟の遊園地…『IT』
  12. ベストセラー小説…『ミザリー』
  13. 輝き…『シャイニング』
  14. 14-08…『1408号室』
  15. スマイル・フェイス…『ミスター・メルセデス』
  16. リタ・ヘイワースのポスター…『ショーシャンクの空に』
  17. ジャージー・ボーイズ
  18. ニューヨークの骨董屋…『呪われた町』
  19. マジェスティックな映画館…『マジェスティック』

冒頭の公園で遊ぶ子供たちの中で、特に印象的だったふたりの少女。スタンリー・キューブリックが『シャイニング』で映画独自のイメージとして映像化した双子の女の子を思わせる。

シャイニング

引用:「ダークタワー」映画パンフレット

「ダークタワー」年表

原作小説「ダークタワー」と、その関連作品を年表にまとめたページ。

おすすめポイント/まとめ

映画パンフ情報部
ダークタワー以上に、スティーヴン・キング関連作品の紹介/解説/考察がメチャクチャ多い。。

キング作品を知ってから観ると、映画『ダークタワー』は何倍も面白くなります。

その予習にパンフレットを読むのは、個人的におすすめです♪

パンフレットは鑑賞後に読むのが普通ですが、『ダークタワー』に限れば、

  1. 映画を観る
  2. パンフレットで予習(復習)する
  3. また映画を観る
  4. またパンフレットを読む or 他のキング作品を観る

こんな楽しみ方もできます。

作品と作品がどんどんつながっていく楽しみを、キング・ユニバースでぜひ感じてほしいです♪

おすすめ内容

  • イドリス・エルバ/マシュー・マコノヒーのインタビュー
  • スティーヴン・キング作品を解説している各コラム

読んでほしい人

  • これからキング作品を追いかけたい人
  • キング原作の好きな映画がある人

通販情報(定価・詳細)

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07ND8Z7Z4″ title=”映画パンフレット ダークタワー イドリス・エルバ マシュー・マコノヒー” search=”ダークタワー パンフレット”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

●1つの作品を何回も鑑賞するタイプ ●マーベルよりDC派 ●でもマーベルも好き ●SF映画をこよなく愛する ●オールタイムベスト⇒インターステラー、BTTF、グレイテスト・ショーマン ●大好きな映画監督⇒クリストファー・ノーラン、アリ・アスター