《アイアンマン》メイキングとパンフレット紹介|トニー・スタークは現代的なアンチ・ヒーロー

マーベル映画《アイアンマン》メイキングとパンフレットの紹介です。

マーベル・シネマティック・ユニバースの記念すべき第1作にして、最高の評価と面白さを誇る作品。

公開当初は今ほど注目されていませんでしたが、パンフレットは情報盛りだくさんでした!

  • ロバート・ダウニー・Jr.
  • ジョン・ファヴロー監督
  • プロダクションノート

などは、特に必見です!

気になった方は、ぜひチェックです。

インタビュー

ロバート・ダウニー・Jr.|初めてのヒーロー役のオファー

これまで誰もコミックブック・ヒーローの役をオファーしてくれなかったのさ。でも、今振り返ってみると、この手の映画をやる準備を、僕は長い間していたのかもしれない。

《アイアンマン》パンフレットより

グウィネス・パルトロウ|ロバート・ダウニー・Jr.との共演

ロバート・ダウニー・Jr.と仕事をしてみたかったのよ。しかも監督がジョン・ファヴローで、ジェフ・ブリッジスやテレンス・ハワードが共演すると言われれば、ノーと返事することなんてありえないわ。

《アイアンマン》パンフレットより

テレンス・ハワード|偉大なる俳優、ロバート・ダウニー・Jr.

偉大なる俳優を振り返ってみると、まずマーロン・ブランドがいて、次にロバート・デ・ニーロが出てきて、そしてロバート・ダウニー・Jr.。そう言って間違いないよね。

《アイアンマン》パンフレットより

ジェフ・ブリッジス|《アイアンマン》のリアリティ

スーパー・ヒーロー映画なのにも関わらず、彼(ジョン・ファヴロー監督)はできるだけCGに頼らず、現実に基づいて描こうとした。“これは実際に起こり得る”と思える作品にしたところが、リアルで面白いんだ。

《アイアンマン》パンフレットより

ジョン・ファヴロー監督|トニー・スタークは現代的なアンチ・ヒーロー

トニー・スタークは、今日にも十分通じるアンチ・ヒーローだ。スーパーヒーローには珍しいことに、青年ではなく、大人。だから僕自身の人生経験を反映させて物語を語ることができるんだ。

《アイアンマン》パンフレットより

プロダクションノート(メイキング)

僕は本物のカメラでは撮影できないようなエフェクトは欲しくなかった。アイアンマンが本物の飛行機と同じ、重力の法則や空気力学のもとに飛んでいるよう見せたかったんだ。

《アイアンマン》パンフレットより

コラム

みのわあつお(ポップカルチャー評論家)|”後悔”して”変心”する大人の映画、『アイアンマン』

アメコミを映画化した映画は多いが、主演級にアカデミー賞の候補者および受賞者をこれだけ揃えた映画など、他にない。

《アイアンマン》パンフレットより

柳亨英(アメコミ・エディター)|進化し続けるヒーロー、アイアンマン

当初、アイアンマンの正体がトニー・スタークであるということは一部の人間のみが知る秘密で、世間一般にはトニー専属のボディガードであるということになっていた。

《アイアンマン》パンフレットより

杉山すぴ豊(アメキャラ系ライター)|『アイアンマン』のラストは壮大なるプロローグ?

映画『アイアンマン』のラストは、単なるおまけではなく、これから始まる壮大なるプロジェクトのプロローグでもあるわけです!

《アイアンマン》パンフレットより

インタビュー・メイキング一覧

ロバート・ダウニー・Jr.
  • 初めてヒーローを演じた感想
  • 自身には珍しい「大型アクション映画」への出演について
  • 肉体トレーニング
  • スタン・リーについて
  • 内面の役作り
  • 撮影中のアドリブについて
  • スーツを着て演技をすること
  • ジョン・ファヴロー監督について
グウィネス・パルトロウ
  • コミックスを読んだことはあるか?
  • 映画に出演したきっかけ
  • コミックファンの反応
  • 役作り
  • ペッパーとトニーの関係
  • トニー・スタークを愛する気持ちについて
  • 撮影現場に連れて行ったお子さんについて
  • 自身の「カムバック作品」と言われていることについて
  • 仕事と子育てについて
テレンス・ハワード
  • アメコミ映画に初出演した感想
  • コミックブックについて
  • ロバート・ダウニー・Jr.との共演
  • スーパーヒーロー映画が増えていることについて
ジェフ・ブリッジス
  • 役のために髪を剃ったことについて
  • 出演を決めたきっかけ
  • 役作りについて
  • パワードスーツ同士の対決シーンについて
  • 撮影中、驚いたこと
ジョン・ファヴロー監督
  • 『アイアンマン』を監督することになったきっかけ
  • 初めての大型アクション映画を撮った感想
  • 現代の観客向けに変更・工夫した部分
  • ロバート・ダウニー・Jr.について
  • グウィネス・パルトロウについて
  • 続編の構想
メイキング
  • ついにスクリーンに登場した、アイアンマン
  • アイアンマンに魅了された「出演者」たち
  • ロケ地とセット
  • スタン・ウィンストン・スタジオ制作のパワードスーツ
  • ロバート・ダウニー・Jr.の試練
  • 最先端技術を駆使したCGI
  • 宿敵「アイアンモンガー」

パンフレットの評価・レビュー

評価 ★★★★★
おすすめ内容
  • インタビュー(ロバート・ダウニー・Jr.、ジョン・ファヴロー監督)
  • プロダクションノート
おすすめしたい人
  • アイアンマンが好きな人
  • アベンジャーズ・MCU作品が好きな人
  • ロバート・ダウニー・Jr.が好きな人
  • ジョン・ファヴローが好きな人
ISSE
マーベルファンにとって大切な《アイアンマン1》の裏側が知れるのは、本当に最高です。

後から見始めた方も、パンフレットを読みながら作品を追いかけると、マーベル映画の進化が見られて面白いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

●1つの作品を何回も鑑賞するタイプ ●マーベルよりDC派 ●でもマーベルも好き ●SF映画をこよなく愛する ●オールタイムベスト⇒インターステラー、BTTF、グレイテスト・ショーマン ●大好きな映画監督⇒クリストファー・ノーラン、アリ・アスター