『プライベート・ライアン』映画パンフレット内容紹介

内容
  • イントロダクション
  • ストーリー(あらすじ)
  • キャラクター紹介
  • キャストインタビュー
  • スタッフインタビュー
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コラム
インタビュー掲載キャスト
  • トム・ハンクス
  • トム・サイズモア
  • エドワード・バーンズ
  • マット・デイモン
インタビュー掲載スタッフ
  • スティーヴン・スピルバーグ監督
メイキング
  • スピルバーグとハンクスを強い絆で結んだ”壮大な人間ドラマ”
  • 俳優達の反乱を防いだハンクス
  • 全米が絶句したオマハビーチの大虐殺
  • “実話がヒント”スピルバーグは語る
コラム
  • 戦場の兵士の尊厳(川本三郎)
  • 圧倒的なリアリティーと戦争との微妙な距離感(出口丈人)
評価・買う価値 ★★★☆☆(3/5)
おすすめしたい人
  • 『プライベート・ライアン』の裏側を知りたい人

キャストインタビュー

トム・ハンクス

インタビュー内容

  1. ミラー大尉のキャラクター
  2. 『プライベート・ライアン』に出演することの責任

ミラーは大尉であるということ以外、何者であるのか部下でさえ知らない。だからこそ、この役が魅力なんだ。謎に包まれた男を演じるなんて、僕にはそうそうないことだからね。(トム・ハンクス)

引用:「プライベート・ライアン」映画パンフレット

トム・サイズモア

インタビュー内容

  1. 撮影前の軍事訓練について
  2. 軍事訓練で得られた結束

訓練を通して、僕らは堅く結ばれた兄弟のような気持ちになって、共に困難を切り抜けているんだという結束を感じたよ。(トム・サイズモア)

エドワード・バーンズ

インタビュー内容

  1. ライベン役の魅力

彼らはあまりにも悲惨な現実を見てきたために、ブラックユーモアを使って、自分たちの痛みを隠すしか方法がないんだ。(エドワード・バーンズ)

マット・デイモン

インタビュー内容

  1. ライアンのキャラクター
  2. スティーヴン・スピルバーグ監督とのタッグ

ライアンは、あの場にいたすべての兵士たちの象徴的な存在。彼が家に帰るということは、彼ら全員が帰れるということを意味するからね。(マット・デイモン)

スタッフインタビュー

スティーヴン・スピルバーグ監督

インタビュー内容

  1. 映画のタイトルについて
  2. 本物の戦争映画を作ること

私はある意味、この映画のタイトルは『Saving Captain Miller』にすべきだと思っているんだ。というのも、これは、自分の失った人間らしさを捜し求めている男の話だからね。(スティーヴン・スピルバーグ監督)

プロダクションノート(メイキング)

メイキング内容

  • スピルバーグとハンクスを強い絆で結んだ”壮大な人間ドラマ”
  • 俳優達の反乱を防いだハンクス
  • 全米が絶句したオマハビーチの大虐殺
  • “実話がヒント”スピルバーグは語る

第二次大戦は以前から関心があったテーマ。戦争そのものではなく、人間の体験として描いたような素材はないか、と。この脚本にはそれが鮮やかに書き込まれていた。(トム・ハンクス)

コラム

戦場の兵士の尊厳(川本三郎)

「無名の兵士」といういい方をついしてしまうが、兵士たちは誰もが自分だけの名前を持っている。名前を持った人間として死んでいく。名前には兵士の尊厳がこめられている。「プライベート・ライアン」(ライアン二等兵)というタイトルはその意味で重要だ。あくまでも彼はライアンでなければならない。(川本三郎/評論家)

圧倒的なリアリティーと戦争との微妙な距離感(出口丈人)

冒頭からカメラが追い続けてきたミラー大尉とその部下たちは、ライアンを探し当てるまでに二人を犠牲にする。そして、そのような不条理に裏打ちされているからこそ、生き残った者の責任は重く、生きているということ自体が何ものにもかえがたい。(出口丈人/映画評論家)

まとめ

評価・買う価値 ★★★☆☆(3/5)
おすすめ内容
  • プロダクションノート
  • 『プライベート・ライアン』を考察する各コラム
読んでほしい人
  • 『プライベート・ライアン』の裏側を知りたい人
パンフレット詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。