『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』映画パンフレット内容紹介

内容
  • ストーリー(あらすじ)
  • 『ハン・ソロ』世界観紹介
  • ミレニアム・ファルコン
  • キャストインタビュー
  • スタッフインタビュー
  • コンセプトアート集
  • コラム
インタビュー掲載キャスト
  • オールデン・エアエンライク
  • ウディ・ハレルソン
  • エミリア・クラーク
  • ドナルド・グローヴァー
  • タンディ・ニュートン
  • フィービー・ウォーラー=ブリッジ
  • ポール・ベタニー
インタビュー掲載スタッフ
  • ロン・ハワード監督
  • 成田昌隆(CGアーティスト)
コラム
  • ハン・ソロの魅力の遺伝子(高貴準三)
評価・買う価値 ★★★★☆(4/5)
おすすめしたい人
  • 『ハン・ソロ』を楽しめた人
  • ハン・ソロが好きな人
  • 好きな俳優が出演している人
  • 『スター・ウォーズ』シリーズが好きな人

キャストインタビュー

オールデン・エアエンライク

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. ハン・ソロ役を掴んだ経緯
  2. シナリオを読んだ時の印象
  3. チューバッカとの共演
  4. ウディ・ハレルソンとの共演
  5. エミリア・クラークとの共演
  6. ドナルド・グローヴァーとの共演
  7. ロン・ハワード監督の印象
  8. 衣裳や小道具について
  9. 撮影で印象に残った出来事
  10. 『ハン・ソロ』の見どころ

子供の頃『スター・ウォーズ』を観た時に、カンティーナのシークエンスが大好きだったのを覚えている。互いに銃を撃ちあい、本物のガンマンのクオリティがあった。この映画はそんな世界の拡張版なんだ。(オールデン・エアエンライク)

引用:「ハン・ソロ」映画パンフレット

ウディ・ハレルソン

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. 『ハン・ソロ』のストーリー
  2. オールデン・エアエンライクとの共演
  3. ロン・ハワード監督について
  4. ブラッドフォード・ヤング(撮影監督)の映像美
  5. 撮影現場の雰囲気

オールデン、エミリア、ヨーナス、ドナルド、フィービー、俺たち全員は一緒にふざけ合って本当に大笑いしたんだ。俺は彼らと一緒にいるのも共演するのも好きだった。(ウディ・ハレルソン)

エミリア・クラーク

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. キーラのキャラクターについて
  2. ハン・ソロについて
  3. ロン・ハワード監督との仕事
  4. オールデン・エアエンライクとの共演
  5. ドナルド・グローヴァーとの共演
  6. ウディ・ハレルソンとの共演
  7. ハンとチューバッカの関係
  8. カスダン親子の脚本

ロンはストーリーをどのように彫り込むべきかを知っているの。脚本家であるジョナサンとラリー・カスダンとは素晴らしい関係にあるし、ジョージ・ルーカスとは旧知の仲で、それは作品にとっての利点ね。(エミリア・クラーク)

ドナルド・グローヴァー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. ランド・カルリジアン役を引き受けた経緯
  2. ランドの衣裳について
  3. オールデン・エアエンライクとの共演
  4. ウディ・ハレルソンとの共演
  5. エミリア・クラークとの共演
  6. 『ハン・ソロ』のミレニアム・ファルコンについて

この作品でのミレニアム・ファルコンは新品だ。撮影の合間はいつも機体の側にいるようにしていた。本当に穏やかでリラックスできる船だ。まるで独身貴族の部屋そのものさ。(ドナルド・グローヴァー)

タンディ・ニュートン

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. ヴァルのキャラクターについて
  2. オールデン・エアエンライクの演技力
  3. チューバッカについて
  4. 『ハン・ソロ』の魅力
  5. 『スター・ウォーズ』の伝統

ハリソン・フォードの瞳にはいつもアナーキーな輝きがある。私たちの映画でハンを演じたオールデン・エアエンライクは、ハリソン・フォードの演技を真似たりせず、彼なりのキャラクターを追求する上で素晴らしい仕事をしたわ。(タンディ・ニュートン)

フィービー・ウォーラー=ブリッジ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. 出演を決めたきっかけ
  2. 今作で演じた「L3-37」について
  3. オールデン・エアエンライクとの共演
  4. ドナルド・グローヴァーとの共演
  5. ミレニアム・ファルコン内での撮影
  6. ロン・ハワードの監督術

「なぜこの映画に出演することを決めたか」という質問への答えは簡単。『スター・ウォーズ』だからよ。世界で一番クールなユニバースだから。(フィービー・ウォーラー=ブリッジ)

ポール・ベタニー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. 『スター・ウォーズ』の大ファン
  2. 出演が決まったきっかけ
  3. ロン・ハワードの監督術
  4. オールデン・エアエンライクとの共演
  5. エミリア・クラークとの共演
  6. 『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品について

こうしたスピンオフ映画は大好きなんだ。『スター・ウォーズ』ではあるけれど、異なるトーンで描かれている。とてもユニークな1本だよ。(ポール・ベタニー)

スタッフインタビュー

ロン・ハワード監督

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

インタビュー内容

  1. ジョージ・ルーカス監督の『アメリカン・グラフィティ』出演について
  2. ルーカス監督との仲
  3. 『スター・ウォーズ』第1作を劇場で観た感想
  4. 『スター・ウォーズ』から受けた影響
  5. 今、『スター・ウォーズ』映画を製作すること
  6. 今、ハン・ソロの物語を製作する理由
  7. この映画のテーマ
  8. オリジナル・シリーズから受け継いでいる部分
  9. ハン・ソロのキャラクター
  10. ハン・ソロとチューバッカの関係
  11. 一緒に仕事をしたクルーについて
  12. SWに詳しいクルーからのアドバイス
  13. 新世代のクルーへのメッセージ

この役柄についてハリソン・フォードと話をした時、ハンが孤児であることがようやく理解された点はとても重要だと彼は言っていた。“孤児”とはパラドックスだ。彼らは愛情に飢え、自己中心的でもある。そして時に勇敢で、恐れを知らない。(ロン・ハワード監督)

成田昌隆(CGアーティスト)

ILMで活躍するCGアーティスト「成田昌隆」さんのインタビュー。

インタビュー内容

  1. リードCGモデラーという仕事について
  2. ミレニアム・ファルコンで具体的に手がけた部分
  3. 最も時間をかけた作業
  4. 劇中のミレニアム・ファルコンの変化
  5. モデリング作業について
  6. 過去シリーズへの敬意
  7. 作業に迷った時に指針になったもの
  8. 戦艦大和のプラモデルをヒントにした、スター・デストロイヤーのデザイン
  9. CGモデルが実際に映像になるまでの過程
  10. ロン・ハワード監督とのやり取り
  11. 完成した映像を観た感想
  12. これまでの自身の経歴
  13. 『スター・ウォーズ』に関わるという夢
  14. 『スター・ウォーズ』シリーズに関わった喜び
  15. 全作品の中で最も好きな、ミレニアム・ファルコン活躍シーン

私は仕事をする時に『スター・ウォーズ』のサウンドトラックをよく聴くのですが、ある時、『新たなる希望』のエンドクレジットに入る音楽で、思わず涙がこぼれました。中学生の時に観た『スター・ウォーズ』の世界に自分が関わっていることに、本能的に感激した証かもしれませんね。(成田昌隆)

コンセプトアート集

『ハン・ソロ』製作の為に描かれた、コンセプトアート集。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

コラム

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロの魅力の遺伝子(高貴準三)

キザでアウトローのくせに、クライマックスで突如ファルコンを駆って現れて主人公ルークが乗るXウイングを助け、デス・スター破壊に貢献する。よくよく考えれば、この行動だけで、ルークと一緒にメダルを授与されるのだから、この時からレイアに贔屓されていたという意味だったのだろうか。(高貴準三/映像研究家)

まとめ

評価・買う価値 ★★★★☆(4/5)
おすすめ内容
  • キャストインタビュー
  • ロン・ハワード監督インタビュー
  • 成田昌隆さんインタビュー
読んでほしい人
  • 『ハン・ソロ』を楽しめた人
  • ハン・ソロが好きな人
  • 好きな俳優が出演している人
  • 『スター・ウォーズ』シリーズが好きな人
パンフレット詳細
[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07F5JBB1D” title=”映画 ハン ソロ 限定パンフレット” search=”ハン・ソロ パンフレット”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

●1つの作品を何回も鑑賞するタイプ ●マーベルよりDC派 ●でもマーベルも好き ●SF映画をこよなく愛する ●オールタイムベスト⇒インターステラー、BTTF、グレイテスト・ショーマン ●大好きな映画監督⇒クリストファー・ノーラン、アリ・アスター