『スター・ウォーズep3シスの復讐』映画パンフレット内容紹介

内容
  • ストーリー(あらすじ)
  • 『スター・ウォーズ/シスの復讐』の世界
  • アナキンとルークの分かれ道
  • スタッフインタビュー
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コンセプトアート集
インタビュー掲載スタッフ
  • ジョージ・ルーカス監督
  • リック・マッカラム(製作)
メイキング
  • オリジナル三部作との間を埋める、ダークな雰囲気の衣装
  • ジェダイの決闘
  • さらに深化拡大したCGアニメーション
  • 何千機もの宇宙船が入り乱れる空中線
  • 星々の世界を作る
  • 銀河世界の建築士
  • 秘密の武器製作
  • ダース・ベイダーの手術室の音は、フランケンシュタインの研究所の音
  • HDデジタルで進んだ本編撮影
  • キャラクターの感情的な間を探り、ストーリーを発展させる
評価・買う価値 ★★☆☆☆(2/5)
おすすめしたい人
  • SWの舞台裏・製作秘話を知りたい人

スタッフインタビュー

ジョージ・ルーカス監督

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

インタビュー内容

  1. エピソード3のストーリー
  2. 鍵となるシーン
  3. 善悪に囚われない内容
  4. 新三部作を製作した理由
  5. 三部作製作の苦労
  6. ヘイデン・クリステンセンがダース・ベイダーのスーツを身にまとった瞬間

この三部作を通して、私は善悪という二分法はとらなかった。自分では善を行っていると信じている人間が、どのようにして邪悪な存在になってしまうかこそが問題だったのだ。(ジョージ・ルーカス監督)

引用:「スター・ウォーズep3/シスの復讐」映画パンフレット

リック・マッカラム(製作)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

インタビュー内容

  1. 脚本に縛られないルーカスの監督術
  2. ルーカス感時がデジタル撮影を好む理由
  3. デジタル化が進む映画界について
  4. 『スター・ウォーズ』シリーズで最もダークなエピソード
  5. 製作の大部分を担った、オーストラリアのクルーたち

今までは映画製作には数百万ドルから数億ドルという膨大な資金が必要とされましたが、今や資金は問題ではありません。作品を観客に届けることも問題ではなくなるでしょう。難しいのは自己の表現方法になるんです。これが「デジタル革命」の素晴らしいところなのです。(リック・マッカラム)

プロダクションノート(メイキング)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

メイキング内容

  • オリジナル三部作との間を埋める、ダークな雰囲気の衣装
  • ジェダイの決闘
  • さらに深化拡大したCGアニメーション
  • 何千機もの宇宙船が入り乱れる空中線
  • 星々の世界を作る
  • 銀河世界の建築士
  • 秘密の武器製作
  • ダース・ベイダーの手術室の音は、フランケンシュタインの研究所の音
  • HDデジタルで進んだ本編撮影
  • キャラクターの感情的な間を探り、ストーリーを発展させる

(オビ=ワンとアナキンの最終決戦について)この2人は師弟の関係ですから、互いに相手の動きが読めているんです。最初の3、4分こそ派手に動きますが、後は自分自身と闘うような状況が続きます。お互いに相手の動きにピタリと合わせてくるので、決めの一撃が出せないのです。(ニック・ジラード/スタント・コーディネーター)

コンセプトアート集

『シスの復讐』製作のために描かれた、大量のコンセプトアート集。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

まとめ

評価・買う価値 ★★☆☆☆(2/5)
おすすめ内容
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コンセプトアート集
読んでほしい人
  • SWの舞台裏・製作秘話を知りたい人
パンフレット詳細
[wpap service=”with” type=”detail” id=”B00483O47U” title=”映画パンフレット 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」 監督 J・ルーカス 主演 E・マクレ…” search=”シスの復讐 パンフレット”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

●1つの作品を何回も鑑賞するタイプ ●マーベルよりDC派 ●でもマーベルも好き ●SF映画をこよなく愛する ●オールタイムベスト⇒インターステラー、BTTF、グレイテスト・ショーマン ●大好きな映画監督⇒クリストファー・ノーラン、アリ・アスター