『ターミネーター2』映画パンフレット内容紹介【ジェームズ・キャメロン監督作品】

いつ観ても、興奮できる

いつ観ても、泣ける

いつ観ても、完ぺき

1990年代の名作映画を挙げたら、間違いなく選ばれる最高の1本『ターミネーター2』。

  • ジェームズ・キャメロン監督
  • アーノルド・シュワルツェネッガー

2人を大スターに導いた映画『ターミネーター2(T2)』のパンフレットについて、内容と魅力をまとめていきます♪

『ターミネーター2』パンフレット内容と魅力

『ターミネーター2』映画パンフレット内容紹介【T2】
映画タイトル ターミネーター2(Terminator 2: Judgment Day)
内容
  • イントロダクション
  • ストーリー(あらすじ)
  • キャストコメント/紹介
  • スタッフコメント/紹介
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コラム
コメント掲載キャスト
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • リンダ・ハミルトン
コメント掲載スタッフ
  • ジェームズ・キャメロン監督
コラム
  • これ以上は言えない。さらに大興奮の圧倒的パート2は、情報をシャット・アウトして見るのが一番正しい!(秋本鉄次)
  • 『T2』は娯楽大作であると同時に、母の映画でもあるのだ。(永千絵)
評価・買う価値 ★★★☆☆(3/5)
おすすめしたい人
  • 『ターミネーター2』が好きな人
  • 「昔のパンフレットってこんな感じなんだァ。」って知りたい人
値段・詳細

イントロダクション

映画『ターミネーター2』の魅力紹介。

内容

  • 世界映画史上――NO.1ヒット作
  • もう誰も追いつけない
  • 世界共通で『T2』のストーリーの全貌は一切極秘に!
  • 神々の技と呼ぶにふさわしい最新映像世界
  • 史上最高の製作費1億ドル(前作の10倍)を突破!
  • スタッフ・キャストのメンバーは一切変更なし

7月3日から合計2274館(北米地区)で公開された『ターミネーター2』はオープニング・ウィークエンド(5日間)の合計で世界映画史上最高の52,306,548ドルという新記録を樹立。

ストーリー(あらすじ)

映画『ターミネーター2』あらすじ紹介。

キャストコメント

アーノルド・シュワルツェネッガー

ターミネーター2

続編というのはなかなか上手くいかなくて、お金があるからとにかく作ったという印象を与えてしまうのですが、今回は違います。ストーリーがとても良いものだからです。例えば”コマンドー2″や”プレデター2″はストーリーがそれ程完璧ではないので私は辞退しました。(アーノルド・シュワルツェネッガー)

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

リンダ・ハミルトン

ターミネーター2

『ターミネーター』の1作目を演っている時から続編がありそうだと感じていたわ。いえ、きっとあると信じながら演じていた。(リンダ・ハミルトン)

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

キャスト紹介

  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • リンダ・ハミルトン
  • エドワード・ファーロング
  • ロバート・パトリック
  • ジョー・モートン

スタッフコメント

ジェームズ・キャメロン監督

ターミネーター2

この映画はラブ・ストーリーなのです。『T1』『T2』両作品に共通して言えるのは、この映画が異常な状況に置かれた実際の人物のヒューマン・ストーリーだということです。それが、男性だけでなく女性が支持してくれた理由です。(ジェームズ・キャメロン監督)

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

プロダクションノート(メイキング)

ターミネーター2

メイキング内容

  • 新記録達成!世界中を『T2』が走った。
  • 1991年7月7日。ワールド・プレミア開催!
  • ついに史上最高の製作費1億ドル(前作の10倍)を突破!
  • ビッグ・プロジェクト『T2』1990年10月8日撮影開始。
  • L.A.近郊の町バレンシアに1994年の近未来都市出現
  • どんな形容詞も及ばない『T2』プロダクション・ニュース
  • アーノルド・シュワルツェネッガー、ターミネーターに変身。
  • 徹底したプロたちの追求が圧倒的なシーンを生んだ!
  • 「俺は誰一人殺さない……」

撮影中に、シュワルツェネッガーを半人間半サイボーグのターミネーターに変身させたのは、延べ35回。これは6日間、メイク台にずっと座りっぱなしでいるのと同じこと。

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

コラム

さらに大興奮の圧倒的パート2は、情報をシャット・アウトして見るのが一番正しい!(秋本鉄次)

映画評論家「秋本鉄次」氏による、『ターミネーター2』感想とレビュー。

かつて、独自のコンセプトで『エイリアン2』を作り、パート2の宿命である”続編は正編の七掛けの出来がせいぜい”という呪縛を完全に粉砕する傑作を生み出したわれらがジェームズ・キャメロンは、今度もそのジンクスを軽くブチ破ってしまった。(秋本鉄次)

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

『T2』は娯楽大作であると同時に、母の映画でもあるのだ。(永千絵)

映画エッセイスト「永千絵」氏による、『T2』考察。

今回はサラ=リンダ・ハミルトンが逞しい。「母は強い」とよく言うけれど、母親になった女はがむしゃらだ。自分の子は自分で守らなければならないという母の想いは、サラの場合、それがそのまま人類を、地球そのものを守らなければならないという思いに通じているだけに、強烈だ。(永千絵)

引用:「ターミネーター2」映画パンフレット

おすすめポイント/まとめ

映画パンフ情報部
シュワちゃんのコメントあり、キャメロン監督のコメントあり、メイキング情報あり。。

一応満足♪

でも、好きな映画だけに「もっと知りたい」って欲も出てきちゃいますね。

情報量自体は多いものの、このクラスの大作映画と比べると他のパンフレットより物足りなく感じました…。

おすすめ内容

  • キャストコメント
  • ジェームズ・キャメロン監督コメント
  • プロダクションノート(メイキング情報)

読んでほしい人

  • 『ターミネーター2』が好きな人
  • 「昔のパンフレットってこんな感じなんだァ。」って知りたい人

通販情報(定価・詳細)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。