『イエスタデイ』パンフレット内容紹介【ビートルズ映画】

YESTERDAY, everyone knew THE BEATLES.
誰もがビートルズを知っていた、昨日までは。

このタイトル、とっても秀逸ですよね。

ビートルズの曲名であり、映画を象徴する単語でもあり…。

深~~いビートルズ愛を感じます♪

そして、パンフレットもまたビートルズ愛にあふれている。。

イエスタデイ

パンフレットがレコード盤のようになっていて、あえて汚れて見えるようデザインされているんです。

これは所有欲満たされますよね…♪

そんな「もしも自分以外、誰もビートルズを知らなかったら?」を描いた映画『イエスタデイ』のパンフレットについて、内容と魅力を紹介していきます。

『イエスタデイ』パンフレット内容と魅力

『イエスタデイ』映画パンフレット内容紹介【ビートルズ】
映画タイトル イエスタデイ(Yesterday)
内容
  • ストーリー(あらすじ)
  • キャラクター
  • キャストインタビュー
  • スタッフインタビュー
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コラム
インタビュー掲載キャスト
  • ヒメーシュ・パテル
  • リリー・ジェームズ
  • エド・シーラン
  • ケイト・マッキノン
インタビュー掲載スタッフ
  • ダニー・ボイル監督
  • リチャード・カーティス(製作)
コラム
  • ぼくらの時代のビートルズ、今へ、そして未来へ(ピーター・バラカン)
  • ビートルズのいない世界にあふれる、ビートルズへの愛。(藤本国彦)
  • イエスタデイをもっと楽しむトリビア36(赤尾美香)
評価・買う価値 ★★★☆☆(3/5)
おすすめしたい人
  • ビートルズを知らず、これからビートルズを知りたい人
  • ビートルズの曲が好きな人
  • 『イエスタデイ』の舞台裏を知りたい人
  • エド・シーランが好きな人
値段・詳細

ストーリー(あらすじ)

映画『イエスタデイ』あらすじ紹介。

物語中盤までのネタバレあり。

キャストインタビュー

ヒメーシュ・パテル×リリー・ジェームズ

イエスタデイ

インタビュー内容

  1. 難関だったオーディションの内容
  2. 2人にとってのビートルズとは?
  3. これまで音楽をやった経験は?
  4. エド・シーランとの共演
  5. ゴーレストンの海岸で実際に演奏したライブシーン

ゴーレストン=オン=シーの海辺で5000人の観客を前に演奏したんだ。僕にとって最高の日だったな。演技上は惨めな気持ちの男を演じなければならなかったけど。(ヒメーシュ・パテル)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

エド・シーラン×リチャード・カーティス(製作)

イエスタデイ

インタビュー内容

  1. エド・シーランを起用した理由
  2. ヒメーシュ・パテルの演技について
  3. ダニー・ボイル監督との仕事について

本格的な演技の経験がなかったから、現場で一流の監督から怒られるのかなと思っていたけれど、ダニーはいつもフレンドリーな態度で接する人だった。(エド・シーラン)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

ケイト・マッキノン

イエスタデイ

インタビュー内容

  1. 役を引き受けた理由
  2. リチャード・カーティスとダニー・ボイル監督について

今まで読んだ脚本の中で、最高の脚本だったのよ。「誰が書いたの?リチャード・カーティスね」「監督は誰?ダニー・ボイルなのね。」それで、このチャンスを必死でモノにしたの。(ケイト・マッキノン)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

スタッフインタビュー

ダニー・ボイル監督×リチャード・カーティス

イエスタデイ

インタビュー内容

  1. ビートルズを初めて聞いた時のこと
  2. ビートルズがいない世界とは、どんな世界?
  3. 映画製作にあたり、ポールとリンゴに許可をとりましたか?
  4. 2人の共作となったきっかけ
  5. ビートルズの他に世界から消えたもの
  6. 主演にヒメーシュ・パテルを起用した理由
  7. エド・シーランの出演

15曲ほどを映画に使いたいと連絡した。実のところ、ビートルズのオリジナル楽曲は使用しないから、法律的には彼らの許可は要らないんだけどね。でも一応許可を求め、(ビートルズの権利を管理する)アップル側からOKが出たんだ。(リチャード・カーティス)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

プロダクションノート(メイキング)

イエスタデイ

メイキング内容

  • 究極のプレイリスト:著作権の確保と楽曲の選曲
  • リチャード・カーティスが語る選曲の理由
  • 最高のご褒美:音楽監修と作曲
  • ライブで収録:サウンドデザインとレコーディング
  • 『イエスタデイ』誕生の経緯
  • キャラクター
  • ロケーション
  • プロダクションデザイン
  • 衣装

リチャード・カーティスが選曲した楽曲

  • Yesterday/イエスタデイ
  • In My Life/イン・マイ・ライフ
  • Back in the U.S.S.R/バック・イン・ザ・U.S.S.R
  • The Long and Winding Road/ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  • Penny Lane/ペニー・レイン
  • Eleanor Rigby/エリナー・リグビー
  • Strawberry Fields Forever/ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
  • Here Comes the Sun/ヒア・カムズ・ザ・サン
  • While My Guitar Gently Weeps/ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  • Hey Jude/ヘイ・ジュード
  • Help!/ヘルプ!
  • All You Need Is Love/愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラブ)

エドの人生は本作の概要そのものだ。サフォークのパブで演奏していたシンガーソングライターで、努力が実り大成功を収めた。だからエド自身として出演してもらうのがベストだと思ったんだ。(ダニー・ボイル監督)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

コラム

ぼくらの時代のビートルズ、今へ、そして未来へ(ピーター・バラカン)

ブロードキャスター「ピーター・バラカン」氏による、映画『イエスタデイ』のレビュー。

「Hey Jude」のタイトルが妙だと感じるエド・シーランは「Hey Dude」に変えたほうがしっくりくると言います。「hey dude」といえば仲間と会った時の「オーッ」という挨拶(?)のようなものです。あの名曲がそこまで軽くなってしまうのは何とも言えず21世紀の感覚ですね。(ピーター・バラカン)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

ビートルズのいない世界にあふれる、ビートルズへの愛。(藤本国彦)

ビートルズ研究家/『イエスタデイ』字幕監修「藤本国彦」氏による、

  • 『イエスタデイ』とビートルズの関連性
  • トリビア紹介
  • 作品レビュー

などなど。

屋外で「ヘルプ!」を演奏する場面もいい。アイドルの重圧につぶされそうになっていた1965年当時のジョンの「絶体絶命」な心情を投影するかのように、パンキッシュな歌声と破壊力のある演奏を聴かせるジャックの生身の存在感。ここが(ジョン作の曲も含めて)最大の見せ場だ。(藤本国彦)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

イエスタデイをもっと楽しむトリビア36(赤尾美香)

音楽ライター「赤尾美香」氏による、映画『イエスタデイ』を楽しみ尽くすための、ビートルズトリビア集。

フェスに出演はしたものの観客は集まらず、エリーに「これを最後にミュージシャンはやめる」と言い出したジャック。「長い旅の終点だ」というセリフは、ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の歌詞の一節を引用している。(赤尾美香)

引用:「イエスタデイ」映画パンフレット

おすすめポイント/まとめ

映画パンフ情報部

「イエスタデイ」のような名曲が一瞬で生まれるわけがないとエドは誰よりも知っている。

だからこそ、彼がジャックに言う「信じられない。」というセリフには相当の重みがある。

このような楽曲や出演者にまつわる裏話がたくさんあって、読みごたえがありました。

「数曲知ってるだけ。」の私みたいな人が、ビートルズを好きになるきっかけを得られる一冊です。

『ボヘミアン・ラプソディ』のクイーンみたいに、これからビートルズの楽曲を聴き漁る日々が始まりそうです…♪

おすすめ内容

  • ダニー・ボイル監督インタビュー
  • 『イエスタデイ』トリビア集
  • プロダクションノート(メイキング)

読んでほしい人

  • ビートルズを知らず、これからビートルズを知りたい人
  • 『イエスタデイ』の舞台裏を知りたい人
  • エド・シーランが好きな人

通販情報(定価・詳細)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。