Rewrite The Stars歌詞&和訳【グレイテスト・ショーマン楽曲】

グレイテスト・ショーマンの見どころは、Oddities(奇妙な人たち)の人間賛歌だけではありませんでしたね。

ザック・エフロン演じるフィリップと、ゼンデイヤ演じるアン、2人の地位や差別を超えていく恋愛模様も素敵でした。

それはまるで、現代版『ロミオとジュリエット』のよう。

Rewrite The Stars(リライト・ザ・スターズ)は、愛するがゆえに離れなければいけない2人の悲恋を描いた歌なのです。

  • 歌詞
  • 和訳
  • 楽曲の意味考察

などから、2人の愛の深さと切なさを感じてみてください。

英語歌詞+日本語訳(和訳)

フィリップ・カーライル

グレイテスト・ショーマン

You know I want you

僕が君を好きなことは知ってるだろう

 

It’s not a secret I try to hide

隠すつもりはない

 

I know you want me

君も僕が好きなはずだ

 

So don’t keep saying our hands are tied

縛られて動けないなんて言わないで

 

You claim it’s not in the cards

そんなことはあり得ないとか

 

And fate is pulling you miles away

2人は離れる運命だとか

 

And out of reach from me

僕のいないところへ行ってしまうだなんて

 

But you’re here in my heart

だけど、君は僕の心の中にいる

 

So who can stop me if I decide

運命の相手である僕を

 

That you’re my destiny?

誰が止められる?

 

What if we rewrite the stars?

星の定めを僕らで書き換えよう

 

Say you were made to be mine

僕のものになる運命だって言ってくれ

 

Nothing could keep us apart

僕らを引き離すなんてできない

 

You’d be the one I was meant to find

君を見つけ出すのが僕の運命だったんだ

 

It’s up to you, and it’s up to me

あとは君次第、そして僕次第

 

No one can say what we get to be

2人がどうなるかなんて誰にも分からない

 

So why don’t we rewrite the stars?

星の定めを書き換えよう

 

Maybe the world could be ours

世界は僕らのものになるはずさ

 

Tonight

今夜から

アン・ウィーラー

グレイテスト・ショーマン

You think it’s easy

簡単だと思う?

 

You think I don’t want to run to you

私があなたのところに行きたくないと思う?

 

But there are mountains

だけど、そこには山だってあるし

 

And there are doors that we can’t walk through

開けられない扉だっていくつもある

 

I know you’re wondering why

あなたが不思議に思うのは分かる

 

Because we’re able to be

結ばれる運命だから

 

Just you and me

あなたと私は結ばれる運命

 

Within these walls

この壁の中でなら

 

But when we go outside

だけど一歩外に出たら

 

You’re gonna wake up and see that it was hopeless after all

あなたは目を覚まして、やっぱり無理だと気づいてしまう

 

No one can rewrite the stars

星の定めは誰にも書き換えられない

 

How can you say you’ll be mine?

あなたが私のものになるってどうして言えるの?

 

Everything keeps us apart

すべてが私たちを引き離そうとするのよ

 

And I’m not the one you were meant to find

あなたが探していたのは私じゃない

 

It’s not up to you, it’s not up to me

あなた次第じゃない、私次第でもない

 

When everyone tells us what we can be

誰もが私たちに口を出してくる

 

How can we rewrite the stars?

どうしたら星の定めを書き換えられるの?

 

Say that the world can be ours

世界が2人のものになるって言ってよ

 

Tonight

今夜すぐに

フィリップ&アン

グレイテスト・ショーマン

All I want is to fly with you

ただ一緒に飛んで行きたい

 

All I want is to fall with you

ただ愛し合いたいだけ

 

So just give me all of you

だからあなたのすべてが欲しい

 

It feels impossible

無理だと思うわ

 

It’s not impossible

無理じゃないよ

 

Is it impossible?

無理かしら?

 

Say that it’s possible

何だってできるさ

 

How do we rewrite the stars?

星の定めをどう書き換えよう?

 

Say you were made to be mine?

2人が結ばれたって言える?

 

Nothing can keep us apart

誰だって2人を引き離すことはできない

 

Cause you are the one I was meant to find

あなたは運命の人だから

 

It’s up to you, and it’s up to me

あとは2人次第、君と僕次第だ

 

No one can say what we get to be

私たちには誰も口出しできない

 

And why don’t we rewrite the stars?

星の定めを書き換えてしまおう

 

Changing the world to be ours

世界を2人のものに変えてしまおう

アン・ウィーラー

グレイテスト・ショーマン

You know I want you

あなたが欲しいことは

 

It’s not a secret I try to hide

隠すつもりはない

 

But I can’t have you

でも、無理なのよ

 

We’re bound to break and my hands are tied

いつか離れてしまうから、私は縛られているから

歌っている人(歌手)

ザック・エフロン(フィリップ・カーライル役)

グレイテスト・ショーマン

出演映画(代表作)

  • ハイスクール・ミュージカル』シリーズ(トロイ・ボルトン役)
  • ニューイヤーズ・イブ(ポール役)
  • ヘアスプレー(リンク・ラーキン役)

ゼンデイヤ(アン・ウィーラー役)

グレイテスト・ショーマン

出演映画(代表作)

  • スパイダーマン/ホームカミング(MJ役)
  • スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム
  • シェキラ!(ロッキー・ブルー役)

作詞・作曲者

ベンジ・パセック/ジャスティン・ポール

グレイテスト・ショーマン

パセク&ポール」として知られる、作曲家コンビ。

受賞歴
  • 映画『ラ・ラ・ランド』にて、アカデミー賞歌曲賞受賞
  • 映画『グレイテスト・ショーマン』にて、アカデミー賞歌曲賞ノミネート

楽曲・歌詞の意味【考察】

Rewrite The Stars(リライト・ザ・スターズ)は、身分の違いを超えた”究極の愛”を歌う、フィリップとアンの2人によるデュエット曲です。

シェイクスピアの傑作恋愛悲劇『ロミオとジュリエット』さながらの恋愛劇が、現代的なアレンジの楽曲に乗せて表現されています。

楽曲に込められたアンの葛藤

グレイテスト・ショーマン

Rewrite The Starsの結末は、アンがフィリップと別れる決意する悲恋で終わりますね。

しかし、曲が2人のデュエットに入る直前、アンが葛藤を感じていることが伺えます。

How can we rewrite the stars?
Say that the world can be ours
Tonight

どうしたら星の定めを書き換えられるというの?
世界が2人のものになるって言ってよ
今夜すぐに

引用:「グレイテスト・ショーマン」サウンドトラック

フィリップへの想いがあふれすぎて、つい、こう口ずさんでいます。

絶対不変だと思っていた星の定め(The Stars)さえ書き換えられる(Rewrite)、かもしれない。

それほどに深い愛を感じさせてくれる、一途な想いにあふれている楽曲です。

実は架空の人物だった、フィリップとアン

グレイテスト・ショーマン
  • 主人公「P.T.バーナム」
  • Never Enouoghを歌った「ジェニー・リンド」

など、グレイテスト・ショーマンには、19世紀に実在した人物も登場します。

一方で、フィリップとアンの2人は、なんと映画オリジナルのキャラクター

それなのに、2人の存在が邪魔にならないばかりか、

  • 貧富の差
  • 身分の違い
  • マイノリティの存在感

といったグレイテスト・ショーマンらしさを強調する、素晴らしいキャラクターなのです。

ザック・エフロンのアカペラを提案した、ゼンデイヤ

グレイテスト・ショーマン

楽曲冒頭を「ザック・エフロンのアカペラにしよう。」と提案したのは、アンを演じたゼンデイヤ。

この提案以前は、アカペラではないバージョンで作曲されていたようです。

このアカペラのおかげで、楽曲冒頭から切なさがグッと増し、映画や曲の雰囲気に入り込むことができます。

Rewrite The Starsは、ザック・エフロンのスマートなアカペラを傾聴でき、美声に酔いしれてしまう楽曲でもありますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。